プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --  |  comment --

PAGE TOP

自家発光する生物 ワレカラの調査 

昨日はナイトダイビングでワレカラの発光を調べてきました。


ただいまの白涛ビーチの水温は16℃、
牛深・妙見が18℃ぐらいです。

GWの頃にはもう1℃ぐらい上がっていまして、
牛深ボートダイビングだとぎりぎり20℃いくかどうか?って感じです。




20140406-_MG_0289.jpg





闇夜で、波も高かったおかげで夜光虫が眩しいぐらいにきらめきすぎて、発光ワレカラが非常に探しにくかったです。
そのうちこの壮大な夜光虫の神秘の風景をもっと上手に表現できると良いのですが!!




20140415-_MG_2338a.jpg





それでもなんとか10匹程度は発光ワレカラを見つけることができました。
種類的にはワレカラの2種類が光っていました!!



ただ、数千~1万匹以上居そうなワレカラたちの中で、
なぜこれだけしか光ってないのか、謎は深まります・・・




20140406-_MG_0186.jpg





20140327-_MG_6492.jpg






帰り道ではダンゴウオ2個体、シマウシノシタ、ホタテウミヘビ、ミミイカ、マダコの抱卵、ロウソクエビ、でっかいトビエイなど見れました~。


クダリボウズギスも3月半ばからたくさん見られるようになっています。


クサウオの幼魚は例年通り、
全部沖に出ちゃったみたいですね。


ダンゴウオは昨年は5月20日頃まで見られました。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。